【本紹介&感想】簡単に実践できる!『科学的に自分を思い通りに動かす セルフコントロール大全』

こんにちは。紅茶です。

今回ご紹介する本はこちら。

科学的に自分を思い通りに動かす セルフコントロール大全

わかっているのにできない、やめられない…

そんな方へ向けて、簡単に実践できるセルフコントロール術を紹介している実用書です。

楽天ブックス
¥1,870 (2023/09/21 16:20時点 | 楽天市場調べ)
目次

どんな本?

基本情報

著者   … 堀田秀吾さん
        木島豪さん
発売年月 … 2022年1月
出版社  … ディスカヴァー・トゥエンティワン

ページ数 … 218ページ
ジャンル … 実用書(医学)

内容紹介 & おすすめしたい方

  • 朝なかなか起きられない…
  • 悪い方に考える癖がある…
  • ついダラダラとスマホを見てしまった…

皆様には、こんな悩みがないだろうか?
上手くいくために必要だと思われている【強い意志・ガマン・やる気】は実は不要である。

本書では「仕事のずるずる」「生活のだらだら」「体のずるずる」「心のだらだら」という4つのテーマから様々な悩みを取りあげ、それらの改善のためのセルフコントロール術を紹介している。

おすすめしたい方

・なんとなくモヤモヤがある方
・やめたいのにやめられないことがある方
・自分をコントロールして快適に過ごしたい方

リモートワークの方向けに書かれているような文章が多かったです。

ですが、それ以外の方にも役に立つ内容でもあると思います。

読みやすさ 

文字もそこそこ大きく、途中で図が入ったりと、視覚的にも読みやすくなっています。

1つの悩みにつき3〜6ページと端的にまとめられており、自分の気になるところからサクッと読めます

この本の魅力

たくさんのセルフコントロール術!

全部で45個の悩み、そしてそれを解決する95個のセルフコントロール術が載っています。
(だいたい1つの悩みにつき2つほど)

好きなやり方をピックアップして使えるので、きっと皆様にも合う方法が見つかるのではないでしょうか。

簡単に実践できる!

本書で述べられているセルフコントロール術は、脳科学、心理学、医学的に実証された研究をもとにされています。

何より嬉しいのは、日常的に簡単に取り入れられるものばかりということ!

自己管理ができていないわけではなく、セルフコントロール術を知らないだけ、というのもホッとしますよね。

「自分はなんてダメなんだ…」と落ち込んでしまっている方に届いて欲しい一冊です。

紅茶の感想

知っていることもあれば、「こんなことが効果あるの?」と初めて聞くようなこともあり、面白かったです。

たくさん載っていますので、全部実行するのではなくて、気になるものをいくつか実行したいなと思っています。

試してみたいこと3つ

私の気になった項目はこちらです。
(本の内容のネタバレを多く含みますので、気にしないよという方のみ▼をクリックしてください)

運動量が減っているのに、食べる量が変わらない!(P.130〜134)

食べすぎてしまいそう、そんな時にできるこの方法。

それは「おでこをタッピングする」です。

指で自分のおでこをトントン、と30秒タッピング×4回をしてもらうと、食欲が半分から1/3程度まで減退した、という研究結果が出ています。

これは脳の注意を空腹よりもそのアクションに剥ける効果があるから、というカラクリだそうです。

夜、なかなか寝付けない(P.140〜142)

寝る前にスマホを触ると、ブルーライトで目が覚めてしまう、というのはよく聞く話ですよね。

私が「へぇ〜」と思ったのは、もう1つの方です。

それは「感謝の心を持つ」こと。

感謝の気持ちを持っている人の方が、睡眠の質や眠りの深さ、入眠までにかかる時間に良い影響があることが、研究により判明したそうです。

半信半疑で試してみたところ、いつもより穏やかに眠れました。

私は布団の中での脳内反省会が頻繁に開催されており、自責や悪いことばかりを考えていたので、それが感謝で消えて穏やかな気持ちで眠れたのかもしれません。

人をねたむことをやめられない(P.192〜195)

ねたみ自体は悪いことではなく、良性ねたみ悪性ねたみに分かれるそうです。

「あの人に負けないように頑張ろう!」とねたみをバネにポジティブなアクションに繋げられるのは良性。

「あの人はすごい、それに比べて自分は…」と落ち込んだり相手を排除しようとしてしまうのは悪性です。

そこで登場するのが、面白いこの方法!

それは「ねたみそうな対象は「上」に持ち上げて見る」です。

物理的に上に持ち上げるんです。研究によると、何かを「上げる」や「下げる」運動をする感覚と、人を「上に見る」「下に見る」感情に関連性があるようです。

スマホでSNSを見ている時、すごい方々の投稿が目に入り「うわー!」と情緒が乱れることがあるので、そういう時にスマホを物理的に上に持ち上げてみようかと思います。笑


皆様もぜひ『科学的に自分を思い通りに動かす セルフコントロール大全』をお楽しみください。

ありがとうございました。
それでは〜(・v・)ノシ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次